マ力ダミアナッツ

理想的な脂肪酸組成と快い口当たりの最高級ナッツ

1857年にオーストラリア東海岸の亜熱帯森で発見されました。現在でも山野に点々と野生木があり、ヤマモガシ科常緑性の小高木です。

1880年代に防風林用樹本としてハワイに移植され、1930年にハワイ大学の樹木選択が動機となり栽培されるようになりました。商業的利用については、まずオーストラリア市場が開拓され、1970年代末よりハワイ産を含めて世界マーケツトが急速に拡大して、現在ではハワイ島で大規模栽培されて主産地となっています。

果実は直径2cm位の丸形の二枚の外果皮に包まれ、内果皮は非常に堅くその肉果皮を除くと淡い黄色の胚乳(仁)が採れる、脂肪分が非営に多い。

マカダミアナッツの生産は、まだ発展段階にあり主産地ハワイでは生産量の大部分をチョコレート加工品として輸出し、原料輸出量は少ない。原料用としては、原産地オーストラリアに次いで南アフリカ、ケニア、グアテマラ、コスタリカが挙げられます。日本では最近お菓子の原理としての利用が盛んで、年々消費量が伸びています。

栄養成分は、脂肪酸組成の80%をオレイン酸とパルミトレイン酸の一価脂肪酸で占め飽和脂肪酸は17%と低く高い酸化安定性があり、ほとんど無色、無臭で理想的なヘルシー食用油であり、また、人皮脂に類似した組成からマ力ダミア油は、化粧品やスキンケア製品として利用されます。淡白な甘味と快い口当たりで、ローストスナック、高級菓子、チョコレートのセンター材料として、また、ダイスカットしてアイスクリーム、ケーキなど利用範囲は広く、製菓材料に積極的に使われます。

栄養成分表 マ力ダミアナッツ・焙り(100g中)七訂食品成分表(2015)より

水分 カルシウム <ビタミン>
たんぱく質 mg リン ビタミンB1
脂質 g ビタミンB2
食物繊維 ナトリウム ナイアシン
灰分 力リウム 300mg
工ネルギー マグネシウム 94mg
亜鉛 0.7mg
0.33mg
脂肪酸組成 総量73.25g(飽和12.46g、一価不飽和59.23g、多価不飽和1.56g)
コレステロール 0mg

アーモンド

脳細胞に活力を与えるビタミンを多量に含有する

アーモンドが日本に渡来したのは、江戸時代に南蛮船でポルトガル人が持ち込んだのが最初といわれています。

アーモンド粒の形状が偏平なことから和名を「扁桃」と呼び、咽頭部の両側にあるリンパ組織の形がこれに似ていることから「扁桃腺」の語源となりました。

アーモンドの木は、バラ科さくら属で、その花は桜や桃に大変よく似た五弁の淡いビンク色で2~3月にかけて一斉開花します。自家受粉しない品種があるため、蜜蜂の助けを借りて受粉結実し、秋の初めには枝もたわわに果肉が成熟してはじけ、中の殻が見えてくると収穫です。アーモンドの生産は、世界の約7割をアメリカ合衆国カリフォルニア州が占め、日本などの消費国へ輪出されます。スペイン、イタリア、ギリシャなどでも生産されますが、その量は少なく、多くは自国で消費されます。世界のナッツのうち最も大量に利用されているのがアーモンドで、その利用方法は広範囲にわたり、製菓原料用として口一スト・ホール、口一スト・ダイス(砕粒)、スライス、プードル(粉末)、ペーストなどがあり、また、フライ味付けしたスナックナッツや料理用があります。

アーモンドの脂肪酸組成の約70%は、一価不飽和脂肪酸で構成されており、特に悪玉コレステロールを抑制するオレイン酸がその99%を占めています。
また、ナッツ類の中でもカルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛といったミネラルバランスに優れ、食物繊維も11.8%と非常に多く含まれています。更にその抗酸化作用により活性酸素を抑制して、あらゆる細胞の老化防止に役立つビタミンEが大変多く含まれていることから最近、脳の掃除をするマトウ細胞を活性化し、脳梗塞やボケの防止に役立つ食品として注目されています。

カリフォルニア・アーモンド協会

栄養成分表:アーモンド・焙り(100g中)七訂食品成分表(2015)よリ

水分 カルシウム <ビタミン>
たんぱく質 リン ビタミンB1
脂質 ビタミンB2
食物繊維 ナトリウム ナイアシン
灰分 カリウム 740mg
エネルギー マグネシウム 310mg
亜鉛 3.7mg
1.19mg
脂肪酸組成: 総量51.87g(飽和4.13g、一価不飽和35.09g、多価不飽和12.65g)
コレステロール 0mg

クルミ

現代人に不足な栄養をバランス良く凝縮したヘルシー食品

クルミの歴史も古く紀元前7000年頃から人類が食用としていた最古のナッツで、代表的なものはペルシャグルミで、2000年前から栽培されていたとされています。原産地はイランで、これが地中海を渡りヨーロッパに伝えられてペルシャグルミの名が付いたといわれます。 ペルシャグルミが東回りして中国(胡)、朝鮮から日本に渡ったことから胡桃と呼ばれるようになりました。 日本ではテウチグルミといって手で割れるクルミがありますが、これは豊臣秀吉が朝鮮出兵のとき従軍した信濃の人がクルミの種を持ち帰って、後にシナノグルミ(信濃の菓子クルミ)となったとされ、その原種はやはりペルシャグルミとみられます。

クルミの生産は、アメリカ合衆国カリフォルニア州と中国が二大生産圏で、次いでトルコ、フランス、インド、イタリアで、日本に輪入されるクルミは、カリフォルニア産と中国産で占められています。 特にカリフォルニア産クルミは、優れた品質管理基準のもとに栽培、収穫、加工、貯蔵され、中国産クルミをしのいで、日本市場では健康的な食品の一つとして輸入量は飛躍的に伸びています。クルミの栄養価は、70%近い脂質の組成に注目します。 特に必須脂肪酸のリノール酸とα‐リノレン酸およぴ一価不飽和のオレイン酸の含量が高く、かつ、リノール酸(n-6系)とα‐リノレン酸(n-3系)のパランスが絶妙です。すなわち、n-6/n-3=4:1でほぼ理想的といえます。また、他の植物性たんぱく質に比べてアミノ酸組成のバランスもよく良質です。 更に、ビタミン、ミネラル、食物繊維が程よく含まれていますので、いわば、現代人に不足しがちな栄養素をパランスよく凝集したヘルシー食品といえます。 クルミは、高級感があり和菓子、洋菓子、パンや各種料理の副材料として広範囲に利用されますが、テーブルナッツとしてワインやウイスキーを飲みながらの味覚もまた格別なものがあります。

カリフォルニア・くるみ協会

栄養成分表:クルミ・焙り(100g中)七訂食品成分表(2015)より

水分 力ルシウム <ビタミン>
たんぱく質 リン ビタミンB1 mg
脂質 ピタミンB2
食物繊維 ナトリウム ナイアシン
灰分 力リウム 540mg
工ネルギー 674kcal
(2820kj)
脂肪酸組成: 総量67.41g(飽和6.87g、一価不飽和10.26g、多価不飽和50.28g)
コレステロール 0mg

ピーカン

ピーカンはアメリカ中西部原産のクルミ科の木の実で、栄養価もクルミと同様好ましい要素を多く含むと同時に、独特の深い香りとコクがあります

アメリカでは、主に洋菓子のトッピング材料として利用されることが多く、中でも、「ピーカンパイ」は、ハロウィーン等でおなじみの人気のお菓子です。
その他、ピーカンには不飽和脂肪酸の含有量が高く、抗酸化物質、植物ステロールなどを含み、コレステロール値の改善に役立つなど、健康上の多くの利点があることが生産国の研究で紹介されている。
http://www.llu.edu/news/scope/spr02/newscope2.html

栄養成分表 ピーカン・焙り(100g中)七訂食品成分表(2015)より

.9g くビタミン〉
.6g .19mg
.4g .7mg .19mg
.1g .8mg
.8g ビタミン
g
.6mg .49mg
0.84mg
総量68.79g(飽和7.4g、一価不飽和37.33g、多価不飽和24.06g)
0mg

ヘーゼルナッツ

ヘーゼルナッツは古くから知られていた木の実の一つで、トルコ北部の黒海沿岸が主産地です

現在でも自生し、栽培もこの地方の重要な産業の一つとなっています。ヘーゼルナッツに含まれる炭水化物、たんぱく質、繊維及び脂肪は特異な組み合わせで、その結果このナッツのグリセミック率は低く、血液中のグルコース量を抑える役目を果たします。 脂肪とコレステロールを減らすことでグルコース値のレベルを抑える糖尿病の治療にはこの栄養素の組み合わせが特に重要な意味を持ちます。 つまり、ヘーゼルナッツはバランスのとれた、とても理想的な補助食品なのです。

トルコ・ヘーゼルナッツ協会

栄養成分表 ヘーゼルナッツ・焙り(100g中)七訂食品成分表(2015)より

水分 .0g カルシウム <ビタミン>
たんぱく質 .6g リン ビタミンB1 .26mg
脂質 .3g .0mg ビタミンB2 .28mg
食物繊維 .4g ナトリウム ナイアシン .0mg
灰分 .2g 力リウム 610mg
工ネルギー マグネシウム 160mg
亜鉛 2.0mg
.64mg
脂肪酸組成 総量66.26g(飽和6.21g、一価不飽和54.74g、多価不飽和5.31g)
コレステロール 0mg

カシューナッツ

ソフトな食感と甘味でスナックの主役

カシューナッツの木は、南米プラジルの原産で16世紀にポルトガル人がインド、東アフリカ、東南アジアに防風林の役目として植林したのが始まりといわれています。うるし料で、マンゴーやピスタチオナッツと同族の熱帯性植物で、海岸地帯を好み放置しておいてもよく生育します。本の高さは10-15mで、小さい黄桃色の花が落ちた後に勾玉状の果実が実り、その根元にある花梗部分が次第にピーマン形に肥大して、成熟するとこれが林檎のような芳香があり、カシューアップルと呼んでいます。このカシューアップルの先端にぶら下がっているのが堅い殻を被ったカシューナッツなのです。種子が外に付いた独特の形をしています。

カシューナッツの生産国は、インド、ブラジル、タンザニア、モザンビークなどですが、多くは脱穀、脱皮の技術上の間題や加工設備の郡合から穀付きのまま加工国インドへ輸出しています。従って、インドは独自の脱殻方法を用いて世界最大の生産・輸出国となっています。

インドの主産地は、西南側マラバル海岸のケララ州が中心です。 力シューナッツの栄養特性は、アーモンドに似て脂質の約60%が一価不飽和のオレイン酸ですが、たんぱく質と糖質が多く、また、ビタミンB1やマグネシウム、鉄、亜鉛、銅などのミネラル類も豊富です。 糖質が多いためか歯触りが柔らかく、ソフトな甘味を感じさせるので食べ易く、主にミックススナッツなどのスナック用や料理用に利用されます。

栄養成分表カシューナッツ・焙り(100g中) 七訂食品成分表(2015)より

水分 .2g カルシウム <ビタミン>
たんぱく質 リン ビタミンB1
脂質 .8mg ビタミンB2
繊維 ナトリウム ナイアシン
灰分 カリウム 590mg
エネルギー マグネシウム 240mg
亜鉛 5.4mg
1.9mg
脂肪酸組成: 総量45.79g(飽和9.97g、一価不飽和27.74g、多価不飽和8.08g)
コレステロール 0mg

ピスタチオナッツ

ナッツの女王としての高級感と際立つ栄養価値

ピスタチオナッツの歴史は、古代トルコ、ペルシャなどの地中海沿岸地方に野生で砂漠に生産していたものを食用に栽培するようになり、その後植物愛好家が種子をローマに持ち込みヨーロッパに広まりましたが、永い間、一部のアラブ系、アルメニア系、トルコ系などの人達のみに親しまれていました。ピスタチオナッツの木は、カシューナッツと同様にうるし科の落葉樹で、雄木と雌木があり、受粉の良否が収穫量を大きく変動させます。ピスタチオナッツの実が熟すると、その実はきれいな黄紅色に染まった簿皮に包まれ、完熟すると外穀は自然に縦に割れて収穫されます。中身の小葉はクロロフィルを多く含む緑色が濃く鮮やかなものほど珍重されます。また、剥き実用として口開きしていないものを機械脱穀して利用します。 ピスタチオナッツの生産国は、イランが世界一で全体の約50%を占め、次いでアメリカ含衆国カリフォルニア州、トルコ、シリアの順になります。栄養成分は、脂質では飽和脂肪酸が極めて低くオレイン酸、リノール酸の不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

また、食物繊維が9.8%と多く更にはビタミンB1、力リウム、鉄、銅が多いのが特徴的です。 用途は、殻付きの場合は、ロースト塩味加工によるスナックフーズとして需要が多く味覚、風味共に、”ナッツの女王”といわれる高級感があり、ピスタチオ消費の大半を占めます。 また、剥き実の場台は、スライス、ダイス力ット、ペーストなどに加工して製菓原料用として最高級ケーキ、アイスクリーム、クッキー等に利用されています。

栄養成分表.ピスタチオナッツ・焙り(100g中)七訂食品成分表(2015)より

水分 .2g カルシウム <ピタミン>
たんぱく質 リン ビタミンB1
脂質 .0mg ビタミンB2 g
食物繊維 ナトリウム ナイアシン
灰分 力リウム 970mg
工ネルギー マグネシウム 120mg
(2573kj) 亜鉛 2.5mg
1.15mg
脂肪酸組成: 総量53.49g(飽和6.15g、一価不飽和30.92g、多価不飽和16.42g)
コレステロール 0mg