pecan

ピーカン

ピーカンはアメリカ中西部原産のクルミ科の木の実で、栄養価もクルミと同様好ましい要素を多く含むと同時に、独特の深い香りとコクがあります

アメリカでは、主に洋菓子のトッピング材料として利用されることが多く、中でも、「ピーカンパイ」は、ハロウィーン等でおなじみの人気のお菓子です。
その他、ピーカンには不飽和脂肪酸の含有量が高く、抗酸化物質、植物ステロールなどを含み、コレステロール値の改善に役立つなど、健康上の多くの利点があることが生産国の研究で紹介されている。
http://www.llu.edu/news/scope/spr02/newscope2.html

栄養成分表 ピーカン・焙り(100g中)七訂食品成分表(2015)より

水分 1.9g カルシウム 60mg <ビタミン>
たんぱく質 9.6g リン 270mg ビタミンB1 0.19mg
脂質 73.4g 2.7mg ビタミンB2 0.19mg
食物繊維 7.1g ナトリウム 140mg ナイアシン 0.8mg
灰分 1.8g カリウム 370mg 葉酸 43μg
エネルギー 702kcal マグネシウム 120mg パントテン酸 1.49mg
(2937kj) 亜鉛 3.6mg
0.84mg
脂肪酸組成: 総量68.79g(飽和7.4g、一価不飽和37.33g、多価不飽和24.06g)
コレステロール 0mg